Live stream videos at Ustream Okayama New Life Church       岡山ニューライフ教会                    「神を愛し 自分を愛し 人を愛する」  2009年08月
FC2ブログ
admin
 

時計

Translation(自動翻訳)

Nature Photo

BLUE☆STAR

推薦図書

★学びのために用いている書籍の紹介

検索フォーム

2009.08.24/ 14:18(Mon)
●聖書のことば
神は、私たちが行なった義のわざによってではなく、ご自分のあわれみのゆえに、聖霊による、新生と更新との洗いをもって私たちを救ってくださいました。テトス3章5節

みなさんの神様イメージはどういうイメージでしょうか?ある人にとっては父親。またある人にとっては先生。友人。仙人。つかみようのない物。人の想像。それぞれがさまざまなイメージを持っていると思います。一言で言うなら神は憐れみ深い愛の神です。そんな優しいイメージはつかないかもしれません。しかし約2000年前にイエスキリストが十字架に掛かって人類の罪の身代わりになられて程に人々を憐れみをもって愛しておられます。どんな悪人もどんな犯罪者も神は死んで滅びてしまうことを望んでいません。それは一人ひとりの生まれたばかりの赤ん坊の頃からのその人の人生を知り、心の傷や悲しみを理解しておられるからです。けれど人間の罪はまことに醜く汚いものです。それゆえに十字架による醜い身代わりを必要としたのでした。私たちが神様に愛されていることは初めは知りません。愛されるということが知的に理解されても小さな部分だからです。親が子どもを愛することを勉強のようには決して教えません。無言による後姿や奉仕の姿を通して、当たり前のように愛を表現しているのです。そして子どもたちも自分に子どもができて初めてそのありがたみや感謝を覚えるのです。今日の聖書のことばはとても重要なことばです。私たちが善人や良い人間だから神様が救ってくださるのではなく、ただただ神様からの愛によって救われることが大切なのです。救われるために努力はいりません。ただ信じて受け取るだけなのです。一日の祝福をお祈りします。

秋
 
スポンサーサイト



編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
 
Copyright © 2009 Okayama New Life Church       岡山ニューライフ教会                    「神を愛し 自分を愛し 人を愛する」 , all rights reserved.