Live stream videos at Ustream Okayama New Life Church       岡山ニューライフ教会                    「神を愛し 自分を愛し 人を愛する」  2013年03月
FC2ブログ
admin
 

時計

Translation(自動翻訳)

Nature Photo

BLUE☆STAR

推薦図書

★学びのために用いている書籍の紹介

検索フォーム

週報

岡山ニューライフ教会

2013年度 キリストに建てられる教会

わたしはこの岩の上にわたしの教会を建てますハデスの門もそれには打ち勝てません。わたしは、あなたに天の御国のかぎを上げます。何でもあなたが地上でつなぐなら、それは天においてもつながれており、あなたが地上で解くなら、それは天においても解かれています。」マタイの福音書1618節~19

 

岡山県岡山市南区妹尾2373-24

牧師 佐藤史和

℡: 086-282-6846

e-mail: coolhistory2000@yahoo.co.jp

◆ホームページ 「 岡山ニューライフ教会 」

http://coolhistory2000.blog91.fc2.com/

U-stream インターネット放送

岡山ニューライフ教会 TV

http://www.ustream.tv/channel/onlc

w礼拝時間

キッズ日曜礼拝       am1015 - pm1045

 日曜礼拝      am1100 - pm1215

水曜いのり会       pm2000 - pm2130

i 21ライブカフェ

第三 金曜日   pm2000 - pm2130

b ギター教室

不定期   pm2000 - pm21:30

  F 国語教室123

第二・第四 土曜日  pm1400 – pm15:00

 

2013331日 イースター礼拝

 

 

①祈り

②賛美

③司会者 代表祈祷

④使徒信条

⑤交読文

⑥献金

 

⑦メッセージ

2013イースター

ヨハネの福音書201節~19

「復活のひかりをこの心に受けて」

⑧賛美

⑨祝祷

 

 

 

◆報告・連絡◆

25日~30日の期間は早天祈祷会が5:306:30

無事に守られ行われたことを感謝します。

現在は未定ですが、早天祈祷会を続けたいと言う声もあります。

 

2013年度

47日 総会・入会式・新旧式

425日 √21ライブカフェ×MIGIWAコンサート

 

 

 

      交読文 ■

詩篇68

68:1 神よ。立ち上がってください。神の敵は、散りうせよ。神を憎む者どもは御前から逃げ去れ。

68:2 煙が追い払われるように彼らを追い払ってください。悪者どもは火の前で溶け去るろうのように、神の御前から滅びうせよ。

68:3 しかし、正しい者たちは喜び、神の御前で、こおどりせよ。喜びをもって楽しめ。

68:4 神に向かって歌い、御名をほめ歌え。雲に乗って来られる方のために道を備えよ。その御名は、主。その御前で、こおどりして喜べ。

68:5 みなしごの父、やもめのさばき人は聖なる住まいにおられる神。

68:6 神は孤独な者を家に住まわせ、捕われ人を導き出して栄えさせられる。しかし、頑迷な者だけは、焦げつく地に住む。

68:7 神よ。あなたが御民に先立って出て行かれ、荒れ地を進み行かれたとき、セラ

68:8 地は揺れ動き、天もまた神の御前に雨を降らせ、シナイもイスラエルの神であられる神の御前で震えました。

68:9 神よ。あなたは豊かな雨を注ぎ、疲れきったあなたのゆずりの地をしっかりと立てられました。

68:10 あなたの群れはその地に住みました。神よ。あなたは、いつくしみによって悩む者のために備えをされました。

 

 

 

 

2013イースター

ヨハネの福音書201節~19

「復活のひかりをこの心に受けて」

20:1-19

20:1 さて、週の初めの日に、マグダラのマリヤは、朝早くまだ暗いうちに墓に来た。そして、墓から石が取りのけてあるのを見た。

 20:2 それで、走って、シモン・ペテロと、イエスが愛された、もうひとりの弟子とのところに来て、言った。「だれかが墓から主を取って行きました。主をどこに置いたのか、私たちにはわかりません。」

 20:3 そこでペテロともうひとりの弟子は外に出て来て、墓のほうへ行った。

 20:4 ふたりはいっしょに走ったが、もうひとりの弟子がペテロよりも速かったので、先に墓に着いた。

 20:5 そして、からだをかがめてのぞき込み、亜麻布が置いてあるのを見たが、中にはいらなかった。

 20:6 シモン・ペテロも彼に続いて来て、墓にはいり、亜麻布が置いてあって、

 20:7 イエスの頭に巻かれていた布切れは、亜麻布といっしょにはなく、離れた所に巻かれたままになっているのを見た。

 

・墓が空っぽに

・包帯だけが残っていた

 

 

 

 

 

本論

ポイント①死と復活

・死の中にキリストは立つ

・死は人間にとって最大の悲しみ

 

・十字架はキリストの愛と存在に触れさせる

・復活はキリストの救いといのちに触れさせる

 

・キリストの復活の力強さ×死の無力さ

 

・キリストの復活によって死は永遠のいのちへの入り口となる

 

・死が非常に近い存在となったとき、

キリストの復活が輝きはじめる

 

・キリストの復活は今日の私たちにどんな意味を、どんな益をもつのでしょうか?

 

・キリストの復活は大きな力をもって正しく生きるもの、信仰に生きるものを支える

 

ポイント③悲しみ、恐れと復活

・悲しみの中にキリストは立つ

・イエス様の方から声をかけられる

・キリストに呼ばれる人は、復活の主によって輝 かされる

・恐れの中にキリストは立つ

・弟子たちは恐れていた

・私たちも恐れている

 

ポイント③輝くために必要なもの

 

・不安や悲しみがあることは大事なこと

 

・それは人間が自分の力ではなく神を必要として生きるためにはかかせない

 

 

 

 

 

結論

・今日、キリストの復活は実はいつかあなたが  通らなければならない恐れ、悲しみ、死を前にして光り輝く変わることのない約束の希望

 

・家族の死、友人の死、知人の死を通して神様はあなたに教えてくださる

・あなた自身が背負う恐れや悲しみを通して復活のキリストが共に歩んでくださる約束

 

 

 

 

 
スポンサーサイト



編集[管理者用] Comment(0) 
 
Copyright © 2013 Okayama New Life Church       岡山ニューライフ教会                    「神を愛し 自分を愛し 人を愛する」 , all rights reserved.